弁護士に相談する

B型肝炎給付金の手続きは本人が行うことも可能なのですが、基本的に弁護士に依頼をした方がメリットは大きいでしょう。

手続きを進めるためにはさまざまな作業をしなければいけません。そのためには膨大な手間と時間がかかってしまいます。資料の収集や調査をしたり、必要な書類を作成したり、実際に裁判所に出廷しなければいけないのです。また、医療や法律、さらには裁判に関する専門的な知識が必要となります。さまざまな困難が生じてしまうのです。

弁護士また、本人が対応したからといって特にメリットがあるわけではありません。それによって裁判所が甘く判断してくれるということもないのです。本人が手続きをすることによって書類や資料に不備があり請求が認められないというケースもあるのです

このように本人が手続きをすることによるデメリットはたくさんあります。それならば、弁護士に任せてしまった方がメリットはたくさんあるのです。また、弁護士に依頼した場合の費用については国が補助してくれる制度があります。そのため、弁護士を利用したとしても、そのことによる費用負担はかなり軽くなっています。そのため、安心して弁護士に相談をすることができるのです。ぜひとも相談しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

請求の流れ

実際にB型肝炎給付金を請求する際の流れについて紹介しましょう。まずは資料収集をしなければいけません。給付金を受け取るためには資格を満たしている必要があります。それを証明するためにはいろいろな資料を用意して提出しなければいけないのです。その資料収集をするためには時間がかかってしまうこともあるでしょう。

裁判所次に訴訟の提起をすることになります。しっかりと書類を用意して、さらに裁判所に提出する訴状を作成します。そして、それを提出するのです。そのあとは実際に裁判が行われます。その結果として和解が成立したならば、それぞれの症状や病状に合わせて給付金額が決定されます。社会保険診療報酬支払基金に対して和解調書をはじめとする書類を提出して、そのあとに給付金を受け取ることができるでしょう。

このような流れで実際に給付金を受け取ることができます。多くの方は弁護士を雇っています。この場合は弁護士費用がかかってしまうのですが、弁護士費用の一部は国が支給してくれます。基本的には給付金の大部分をそのまま受け取ることができるでしょう。

給付金請求ができるのには期限があります。これは法律によって制定されていることです。そのため、できるだけ早めに裁判をするべきでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎と給付金請求

B型肝炎という病気があります。こちらは現在では新しい感染者の数は減っているのですが、感染者そのものはたくさんいます。それは過去に集団感染がたくさんあったからです。それは子供たちが集団で予防接種を受ける際に起きたことです。注射器の使いまわしがされていて、それによってどんどんB型肝炎が血液感染してしまったのです

注射器注射器の使いまわしというのは現在ではありえないこととして認識されています。そのため、そのようなことは現在では絶対に起きないようになっています。しかし、過去は行政の指導の問題もあり、平気で注射器が使い回されていたのです。それによって、多くの感染者が出てしまったのには国の責任があります。そのため、被害者が国に対して集団提訴しました。

この裁判の結果は国と和解が成立して、国が給付金を支給することになったのです。そのための法律も制定されています。そのため、過去に国の不手際によってB型肝炎に感染してしまった方については、手続きをすることによって、給付金を受けることができます。B型肝炎の給付金請求は話題になっています。たとえば弁護士がこちらの相談を受け付けているというケースも多いです。

しかし、実際に請求を受けている人の数はまだまだ少ないです。給付金の存在を知らなかったり、自分がB型肝炎に感染していることに気が付いていなかったり、手続きが面倒だという方もいるのです。そのような方に対して、B型肝炎給付金請求に関する正しい情報を提供しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket