B型肝炎と給付金請求

B型肝炎という病気があります。こちらは現在では新しい感染者の数は減っているのですが、感染者そのものはたくさんいます。それは過去に集団感染がたくさんあったからです。それは子供たちが集団で予防接種を受ける際に起きたことです。

注射器の使いまわしがされていて、それによってどんどんB型肝炎が血液感染してしまったのです。注射器の使いまわしというのは現在ではありえないこととして認識されています。

そのため、そのようなことは現在では絶対に起きないようになっています。しかし、過去は行政の指導の問題もあり、平気で注射器が使い回されていたのです。

それによって、多くの感染者が出てしまったのには国の責任があります。

そのため、被害者が国に対して集団提訴しました。この裁判の結果は国と和解が成立して、国が給付金を支給することになったのです。そのための法律も制定されています。そのため、過去に国の不手際によってB型肝炎に感染してしまった方については、手続きをすることによって、給付金を受けることができます。『関連リンク:B型肝炎 訴訟:アディーレ法律事務所

B型肝炎の給付金請求は話題になっています。

たとえば弁護士がこちらの相談を受け付けているというケースも多いです。しかし、実際に請求を受けている人の数はまだまだ少ないです。給付金の存在を知らなかったり、自分がB型肝炎に感染していることに気が付いていなかったり、手続きが面倒だという方もいるのです。

そのような方に対して、B型肝炎給付金請求に関する正しい情報を提供しましょう。

弁護士に相談する