弁護士に相談する

B型肝炎給付金の手続きは本人が行うことも可能なのですが、基本的に弁護士に依頼をした方がメリットは大きいでしょう。

手続きを進めるためにはさまざまな作業をしなければいけません。そのためには膨大な手間と時間がかかってしまいます。資料の収集や調査をしたり、必要な書類を作成したり、実際に裁判所に出廷しなければいけないのです。また、医療や法律、さらには裁判に関する専門的な知識が必要となります。さまざまな困難が生じてしまうのです。

弁護士また、本人が対応したからといって特にメリットがあるわけではありません。それによって裁判所が甘く判断してくれるということもないのです。本人が手続きをすることによって書類や資料に不備があり請求が認められないというケースもあるのです

このように本人が手続きをすることによるデメリットはたくさんあります。それならば、弁護士に任せてしまった方がメリットはたくさんあるのです。また、弁護士に依頼した場合の費用については国が補助してくれる制度があります。そのため、弁護士を利用したとしても、そのことによる費用負担はかなり軽くなっています。そのため、安心して弁護士に相談をすることができるのです。ぜひとも相談しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

About the Author

管理人