請求の流れ

実際にB型肝炎給付金を請求する際の流れについて紹介しましょう。まずは資料収集をしなければいけません。給付金を受け取るためには資格を満たしている必要があります。それを証明するためにはいろいろな資料を用意して提出しなければいけないのです。その資料収集をするためには時間がかかってしまうこともあるでしょう。

裁判所次に訴訟の提起をすることになります。しっかりと書類を用意して、さらに裁判所に提出する訴状を作成します。そして、それを提出するのです。そのあとは実際に裁判が行われます。その結果として和解が成立したならば、それぞれの症状や病状に合わせて給付金額が決定されます。社会保険診療報酬支払基金に対して和解調書をはじめとする書類を提出して、そのあとに給付金を受け取ることができるでしょう。

このような流れで実際に給付金を受け取ることができます。多くの方は弁護士を雇っています。この場合は弁護士費用がかかってしまうのですが、弁護士費用の一部は国が支給してくれます。基本的には給付金の大部分をそのまま受け取ることができるでしょう。

給付金請求ができるのには期限があります。これは法律によって制定されていることです。そのため、できるだけ早めに裁判をするべきでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

About the Author

管理人